大切な着物を、長く、きれいに保つためには、常日頃のケアが大切 >

大切な着物を、長く、きれいに保つためには、常日頃の

大切な着物を、長く、きれいに保つためには、常日頃のケアが大切です。
着物を上手に保管するお手入れとは、どのようなものでしょうか。

○年1回は着物の虫干しを行い、風を通す

着物は湿気を嫌いますから、タンスに入れたままになっている着物は、少なくとも年に一回、虫干しをすることが大事です。
着物に風を通し湿気を取り除けば、害虫の駆除と共に、カビからきものを守ることができます。普段から、タンスの引き出しや、
収納してある箱などのフタをあけ、風を入れるだけでもだいぶ違ってきます。


○着物は一枚一枚、わけて収納

着物はたとう紙や、専用の布などに1枚づつ別々に入れて、収納します。たくさん着物がある場合、一緒に
重ねると、着物にたたみジワがつきやすくなってしまいます。それと同時に、素材が絹の着物には虫がつかないといわれますが、
ウールには虫がつきやすいため、万が一ウールの着物に虫がついてしまっても、絹の着物にうつらないようにするための、予防の意味があります。


○防虫剤は1種類だけ使用

一般的に、絹は虫がつかないために、防虫剤は不要と言われています。けれど、絹の着物にヨゴレがついていれば、そこに
虫がつきますし、絹の着物と一緒に、ウール、木綿などのような虫がつきやすい素材の着物を収納するときには、防虫剤を入れておいたほうが安心できます。
ただし、違う種類の防虫剤を2種類以上使用すると、化学反応でガスが発生し、着物にヤケができる恐れがあります。最初の防虫剤を切らしてしまったら、
よく確かめて、違う種類の防虫剤を入れないように注意しましょう。防虫剤は着物に直接触れないように、タンスや収納箱のスミに置くことが重要です。


○タンスの最適な置き場所

着物を収納したタンスを置く場所として、最適なのは日が当たらず、風通しがよい場所です。どんな衣類にも
言える事なのですが、特に絹は湿気を嫌い、太陽光や蛍光灯の光にも耐性がありませんので、仮に二階建ての
建物でしたら、2階の、風通しがよく、日が当たらない場所を選んで、タンスなどを置くようおすすめします。


メニュー

メニュー

Copyright © 2014 大切な着物を、長く、きれいに保つためには、常日頃のケアが大切 All rights reserved.
TOP